<   2007年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

8月31日(金) くもり時々小雨

あっという間に8月も終わる。

朝、両家の母親から電話。このふたり、誕生日が同じ。毎年ながらうれしい偶然。
ふたりの誕生日に合わせ、昨日送ったハワイのお土産が無事届いた模様。
両母とも、予想以上に気に入っていただけたようで、とてもうれいし私。

この1週間の我が家の楽しみは、なんといっても世界陸上。元陸上部の私のせいで、今となってはすっかり詳しい夫。
大阪の実家の父はスタジアムまで観戦に行ったらしい。羨ましい。
c0119026_23274052.jpg
夕飯、肉じゃが(トマト入り)、焼き茄子、バジルとチーズの冷やっこ、大根の味噌汁、人参塩もみ、ちりめん山椒(テルコのお土産)、七分づきごはん

夜は涼しさ、鳴く虫の声はすっかり秋。
[PR]
by satounodaidokoro | 2007-08-31 23:03 | 日々

8月26日(日) 晴

早起き。本日上京のテルコは、もう新幹線に乗ってる。
急いで掃除。

お昼にテルコと落ち合う。すでに日本民芸館を見てきたとのこと。
予約していたビストロでランチ、ざっと近況報告。
明日の朝ごはんに人気のベーグル屋でいろいろなベーグルを買う。
メガネ屋をはしご。夫だけ先に帰宅。
COMME des GARCONS 。
(移動、お喋りに夢中で電車を乗り過ごす。)
わざわざAU BON VIEUX TEMPSに足を運び、夜用のケーキを買って、アイスクリームを食べる。
近所をうろうろ。

先に帰った夫、夕飯の下ごしらえをしておいてくれた。すばらしい。
今晩はPIZZA大会!
c0119026_2255141.jpg
夕飯、PIZZA(マルゲリータ、ちりめんじゃこ&レンコン)、イカ墨のパスタ、焼き葱のマリネ、生ハム、キャベツの塩もみサラダ、焼き鯖寿司(テルコのお土産)

我が家のこの夏の楽しみのひとつ、”世界陸上”を観戦しながら楽しい食事。
PIZZA、耳に焦げ目がついてくれず白いのが残念だが、それなりにおいしい。
PIZZAはおいしいトマトソースさえできれば、シンプルなのがいちばん美味しいと思う。

もちろんケーキも食べる。

あいかわらずおもろい女、テルコ。話は尽きない。
1泊でもう明日奈良に帰らねばならないという強行スケジュール。それにも関わらず、我が家に遊びにきてくれる。
まいどおおきに。うれしいかぎり。
[PR]
by satounodaidokoro | 2007-08-26 22:25 | 特別

8月22日(水) 快晴

二日酔い、頭痛。
昨日、人生初めてビアガーデンに行った。外でビールを飲んで、ジンギスカンを食べて、
あまりに気持ちよくて調子づいてしまった。その後、焼き鳥屋で1杯。
午前中はダウン。午後、外出。外を歩くと頭がクラクラした。
今晩はサッカーがあるので、急いで帰ってきた夫。こちらも頭が痛くて仕事にならなかったらしい。
今晩はサッカー中継オンパレード。サッカー祭り?!
キリンカップvsカメルーン、オリンピック予選vsベトナム、U-17vsナイジェリア
c0119026_22201970.jpg
夕飯、干し椎茸とクレソンのスパゲッティー、ミネストローネ(生姜をたっぷり入れた)、
リエット(昨日仕事場でスタッフが作ってくれた)、パン

懲りずにブルゴーニュ(赤)を開けてしまう。私は味見で止めておく。
サッカーはオリンピック予選の途中で寝てしまった。

夫の日焼けの脱皮あと、家中にサラサラ舞っている。
[PR]
by satounodaidokoro | 2007-08-22 22:04 | 日々

8月20日(月) 晴

今日も朝から猛暑。

午前中、時間のある限りコトコト塩豚を煮る。午後は仕事。帰ってからもコトコト。

夕飯、塩豚とクレソンのスープ、ひじきととうもろこしと紅生姜の混ぜごはん、薄揚げの網焼きナムル、トマトとハムのサラダ(玉葱ドレッシング)
c0119026_1463838.jpg
ハワイでの味の記憶が薄れないうちに、おいしかったハワイアンフードのスープを真似して作ってみる。
塩豚をひたすらコトコト。味付けは他にとくにせず。水分が減って濃厚になった塩豚のスープを水を足して濃度を調整、気分を盛り上げるためにハワイの赤い塩を少々。火からおろしてからザク切りのクレソンをたっぷり。それだけ。

それはまさしく、ハワイで食べたアレだった!
[PR]
by satounodaidokoro | 2007-08-20 13:50 | メモ

8月19日(日) はれ時々くもり

二日酔いなし。今日もまたものすごく暑い。
c0119026_13412544.jpg
朝ごはん、ハワイで買ってきたタロイモのパンケーキミックスでパンケーキ!
レフアの花のハチミツ、パイナップルバターをつけて食べる。
まだまだ余韻に浸っていたい・・・・

午前中に掃除、買い物を済ませ、冷房のきいた部屋にひきこもる。
昼間っから、昨日の残りものの鰻とおつまみとビールでチビチビやる。
私は涼しい部屋で旅日記。

c0119026_1348537.jpg
[PR]
by satounodaidokoro | 2007-08-19 13:34 | 日々

8月18日(金) くもり

朝はこれからに備えて、あんぱん1こずつ。

今日はずい分前から企画、心待ちにしていたニホンコン家族との手巻き寿司。
昨夜焼いたチョコレートプリンをもっていく。
曇り空、気温は30℃前後。それでさえ、ものすごく涼しく感じる。

朝、10時前に待ち合わせ。
この手巻き大会は、おいしいお魚屋さんでネタを買うことから始まる。
とても小さな魚屋だが、坪面積の売り上げは日本一!上質のネタをとても安く買うことができる。早く行かないと売り切れ御免。
中トロ、甘エビ、サーモン、イカ、鰻、エンガワ、ネギトロなどを買って、バスでのんびりホンコン宅に向かう。

チャッチャと準備。宴スタート!!
c0119026_2122770.jpg
1歳になったばかりのジュニアは、少し見ないうちに歩けるようになっていててびっくり。
心配していた、わが夫(メガネの男性)への人見知りもなく、機嫌よく遊んでいる。

しばらくは全員食べるのに夢中!美味しすぎる!!
手巻きは楽しい!!
お酒もどんどん進み、ハワイのお土産話や、どうでもいい話で盛り上がる。
夫は底なし胃袋で、いつまでも食べ続ける・・・・

こんなに笑ったのは久しぶり。ある話(省略)で、全員ひっくり返って笑い、大満足でお開き。
気がつくと、すっかり夜、9時をまわっていた。

あー、楽しかった。
[PR]
by satounodaidokoro | 2007-08-18 19:58 | 特別

8月15日(水) 快晴

暑くて目が覚める。寝ていられない。夫も目覚ましが鳴る前に起きた。時差ボケか?
夫、猛暑の中、スーツを着て出勤。私は今日まで夏休み。
何度も洗濯機をまわして片付け。

昼間は暑くて外に出れず、高校野球をみたり、実家に電話をしたり。
頭がボーッとしている。少し眠りたいが眠れず・・・・

夕方、駅前で旅の写真を現像に出し、買い物。夏野菜をあれこれいっぱい買う。
故障したデジカメは、お店に持って行くと新品に交換してもらい恐縮。
c0119026_19562933.jpg
夕飯、秋刀魚の塩焼き(大根おろし、すだち)、きんぴら、茄子とみょうがの酢の物、小松菜のお浸し(梅醤油)、納豆、豆腐とわかめの味噌汁、納豆、白ごはん

夕飯は和のものにしようとあれこれたくさん作りすぎるが、食欲がない。

今日はこの夏いちばんの暑さだったらしい。家でも熱中症になりえるので、冷房をガマンしてはいけないとテレビで言っていた。

夜は急に眠くなり、泥のように寝た。
[PR]
by satounodaidokoro | 2007-08-15 19:18 | 日々

8月13日(月) くもり

帰国の日。早朝起床。
荷物を整え、てきとうに朝ごはんをかじり、荷物を全てカバンに入れる。
最後に見慣れた窓からの景色を焼きつけて、6時半出発。
またそのうちやってくる気がするので、また今度!という気分で部屋のドアを閉める。

ここで大トラブル発生・・・・
車のキーが入らない。よく見るとよく似ているが、別の車だった。
車がない!!!!!
ふたりともしばらく呆然・・・・
そんなはずない!!とこわばった顔で無理やり笑いながら、駐車場を探す。見つからない!!信じられない!!
とりあえず、ロビーに行くが8時まではスタッフは不在。
そこに、ひとりの男が近づいてきた。
彼はタクシーのドライバーで、キョウコさんという部屋のオーナー(?)に、6時半にサトイさんというふたりを無料で空港まで送って欲しいと依頼があったとのこと。
我々はサトイではなくサトウだが、サトイさんなるふたり組は時間に現れていないし、これは何か関係あるなと思い、そのキョウコさんたる人物に連絡をとってもらう。しかし、電話に出ない。
我々の事情を彼に話すが、彼にはワケが分からず。
どうすればよいのか考えても仕方がない。とりあえず朝の便に乗らないと日本には帰れない。
困りに困ってダメもとでホテルの警備員に聞いてみる。
すると、紙をペラっと1枚出し、「昨夜、レッカーされたよ」と。
唖然、びっくりする。
どうすればよいか冷静に考え、そういえば現地エージェントの緊急連絡先があったはず!とタクシードライバーの携帯を無理やり借りて連絡。繋がった。
事情を説明すると、とりあえず現地係員(日本人)が向かうのですぐ出れる準備をして待っておくようにとのこと。ああ、今日帰れないかもしれない・・・・といってもこの時期、日本へのフライトは満席でそう簡単には席がとれないにちがいないし、そうなったら仕事場にも電話しないといけないし、どこで何をして過ごそうか・・・・などと現実離れの妄想をしながらひたすら待った。
ここで、そのタクシードライバーはワケが分からず怒って帰ってしまう。彼の携帯をかなりの時間使ってしまったことを申し訳なく思うが、こっちにも十分なお詫びをする余裕はなかった。ほんとにごめんなさい、ほんとにありがとうと言うのがやっと。一体彼は何だったのか?
どうやら、私たちが滞在中、駐車していたスペースは、一般客が停めてはいけないスペースだったとのこと。しかし、我々はホテルのスタッフにはそんなことひと事も聞いていない。第一、ホテル側にはチェックイン時に駐車場を使うことを話し、料金を払い、車種や色、ナンバーなどの車の情報と部屋番号の記入を依頼され渡している。しかも、駐車場はキーを持ったものしか入れないようになっている。なので、それはゲストの車、ちょっと調べれば誰の車かまでわかったはずなのに、何の知らせもなく勝手にレッカーしやがって。しかも、その連絡も一切ない。
激怒、腹が立って仕方がない。
でもそのときは、それよりも飛行機に間に合うのかが、ただ心配だった。
幸いにもレッカー場所は空港のすぐ近く。現地エージェントのおっさんにぶっ飛ばしてもらい、レッカー代を払って車を受け取る。おっさんは早朝からたたき起こされ、かなり迷惑だったらしく、さっさと帰った。
とりあえず、まず空港に向かい、私が全荷物をもってチェックイン。夫は車をレンタカーオフィスに返却に行き、空港まで走って帰ってきた。

無事間に合った。ふたりとも汗だく、ヨロヨロ・・・・

最後の最後にとんだハプニング、リラックスの旅はどこへやら。心身共に、一気に疲れた。

無事、帰国できたのは不幸中の幸い。これも大きな想い出となるに違いない。

帰ってきた日本はお盆休みの真っ只中。怖いくらい暑い。

帰国してまず食べるもの。毎度、おうどん。

c0119026_10292875.jpg
※ ハワイでお世話になったマキさんのAlohaな日々のご紹介
http://alohanacafe.com/index.html
 
[PR]
by satounodaidokoro | 2007-08-13 09:14 | 旅行

8月12日(日) 快晴

c0119026_1139289.jpg
5時半すぎに目覚ましが鳴る。目覚めはとてもよい。
水着と服を着て朝食。バナナ、昨夜スーパーで買ったシナモンロールなど。
6時15分、マキさんがピックアップしてくれる。

今日は私がいちばん楽しみにしていたドルフィンスイミングの日。
前回はイルカに出会えず、2度目のチャレンジ。
今回はマキさんとその友人のヤスコさん、我々夫婦の4人で西の海に向かう。
1時間ほどのドライブ、夫はすぐに寝てしまった。
私は車窓にはりついて2年前の記憶を呼び起こす。
西の小さな町、ビーチ沿いにはたくさんのテント。キャンプ場だと思っていたら、ホームレスたちの住居らしい。
ここまでたくさんあると、ちょっとした住宅地。
ホームレスたちの住居といっても、オンザビーチ、目の前には真っ青な海。釣りをする人、寝っ転がる人・・・・
この辺りの人たちは、皆一見怖い・・・・ちょっと治安が悪そうな感じ。
c0119026_11283434.jpg
西の海に到着。
いくつかあるスポットを順にイルカを探してまわるが、イルカの気配なし・・・・
イルカがやって来るのと、潮の流れは関係あるらしい。
まだまだ時間はある。しばらく腰を据えて、のんびり待つことにする。
そこにマキさんの友人一行がたまたま到着。彼女によると、昨日まさにここにイルカたちがやってきたとのこと。しかもかなり浅瀬まで!
当初、ドルフィンスイミングは昨日の土曜の予定だった。それを、KCCのマーケットに行きたいために日曜に変更してしまった。思いっきり悔やむ私。夫はのんきに遊んでいる。

マキさんの勘もあって、私たちは別のスポットへ移動。もうひとつのグループはここに残る。
ふた手に分かれて待ち、イルカがやってきたら携帯で連絡しあう約束。
海沿いを走る車の中から、早くも沖にイルカを発見。イルカツアーのボートも来ている。
移動先は、2年前にスノーケルをしたスポットだった。懐かしい。2年前にいた野良犬がまだいた。
イルカ、いい感じに近づいてきている。やっと会える。興奮と緊張。

急いで海に入る準備をする。
さあ、行くぞ!!と海に入ろうとすると、ビーチにはダイバーがたくさん。皆海に入らず呆然と海を見ている。海から上がったばかりのスペアーフィッフィングのダイバー、見せてくれたのは胴体が見事になくなった立派なカンパチの頭。なんと、9フィートもあるタイガーシャークに食べられたとのこと・・・・夫、うれしそうに写真に撮った。
さすがにこれでは海には入れない。いったん車に戻る。そうこうしている間にもうひとつのグループも到着。みんなで様子をみる。
c0119026_11294781.jpg
イルカはゆったり近づいてくる。水先案内人によると、イルカはサメのいるところには近づいてこないし、あんな大きなカンパチをガブリといってしまったサメはもうお腹いっぱいに違いない!とのこと。
もちろん十分に注意し、ルートを決めて総勢10人ほどで一丸となって海に入った。
泳ぎが達者でない私、必死。でも、思ったよりも好調だった。はじめは・・・・
どんどん沖へ。イルカがはっきり肉眼で確認できるところに来た頃にはへろへろだった。
遠くで泳ぐイルカの背びれがキラキラしているのが見える。時々、全身を空中に放り出してジャンプ!そのたびにみんなで歓声をあげるが、常に見逃す夫。
気まぐれなイルカたちは、なかなか私たちに近づいてきてくれず、そろそろ体力の限界。
私は波酔いしてしまい、最高に具合が悪い。足も力が入らなくなってきた。泳ぎながら嘔吐に苦しむ・・・・泳ぎながら吐くなんて、初めての体験。
マキさんに引っぱってもらい、やっとの思いで岸に到着。意識が朦朧とするくらい消耗していた。
車に戻り、ああまた今回もイルカと泳げなかったな・・・とガッカリの反面、やっぱり海に入るのは苦行だなと思ってしまう。
呆然と海の方を見ていると、イルカがすぐそこまで近づいてきていた!!
もう終り、もう無理思っていた私、ここでもう一度海に入らなかったら絶対後悔するよとマキさんに言われ、当たって砕けろヤケクソになって疲れた体を引きずって、マキさんと夫と3人で海にもう一度入った。
c0119026_11365226.jpgイルカの群れは、私たちの周りをグルグル。あっちに行っても、またちゃんと戻ってきてくれる。手が届きそうな距離でイルカが悠々と泳ぐ。しかもたくさん!!お母さんに寄り添う赤ちゃんもいる。
鳥肌が立って、自然と涙が出た。びっくりした。
さっきまでの疲労もどこへやら、イルカからパワーをいただいた。
苦労して出逢えた分、幸せは倍倍倍増。がんばってよかったと心から思う。感動した。
水中カメラを持参していた夫、イルカがいちばん近くにきたときには、すでに興奮でフィルムを使い切ってしまってい、ベストショットは撮れなかったとのこと。残念だが、その気持ちは分かる。そんなもんだ。それよりも、こんなすごい経験ができたことが幸せだった。
c0119026_11302057.jpg
イルカと出逢えた2回目のスノーケリングはあっという間、15分くらいに感じたが、実際1時間くらいも海に入っていたとのこと。ちなみに1回目の苦しかったスイミングは3時間くらいに感じたが、実際は1時間半くらいだったらしい・・・・
マキさんによると、今日はかなりのハードスイミングだったとのこと。それを聞いて少し安心したし、成し遂げた自分を誇らしく思った。調子がいい。

車でホテルまで送ってもらう。お礼を言って、また会う約束をして、握手をして別れる。
マキさんにはほんとにお世話になった。彼女のおかげで、我々のハワイはどんどん広がり楽しくなっていく。
c0119026_11304733.jpg
部屋にもどり、さすがに私は横になる。夫はビールを飲んでくつろぐ。
疲れてはいるものの、ふたりとも興奮が冷めず、いつまでもイルカの話をしていた。
大のサメ好きの夫、サメを見てみたいというのも半分叶ったようなもの。
なにはともあれ、無事でよかった。
c0119026_1131971.jpg
結局、興奮であまり眠れず、お腹が減ったので遅い昼食をとりに外へ出る。
意外にもハンバーガーを食べていなかったので、夫の希望でハンバーガーを食べれるお店へ。
いかにもリゾートにある吹き抜けのカフェ、ウエイターはミニスカートにグラススカート(藁のスカート)を巻いて、スニーカー姿。
夫、アボガドバーガーとビール、私はベーシックなハンバーガーにジンジャーエール。
これがまたデカイ!あんなにお腹が減っていたのに、見た途端に食欲減退。半分夫に食べてもらう。
c0119026_11313278.jpg
公園の木陰でゴロンとする。明朝、日本へ帰るなんて考えたくない。
c0119026_11315358.jpg
夕暮れ時、ビーチに出るとものすごくきれいな夕焼け。皆カメラを向けている。
ビーチサイドのステージではフラ、おばさん、おじさん、子供が順番に踊る。あまり上手ではないようだけど、それがみんなを和ませていた。
c0119026_11324033.jpg
さて最後の夜、最後くらい外でおいしいものでも食べようかと思ったが、ホテル周辺のレストランのことが全く分からない。どのお店もお客さんでいっぱいの様子。
結局いつものスーパーに行き、お肉とワインに少し奮発し、部屋でゆっくり食事。
ステーキと温野菜、トマトのスパゲッティー。

半日海に入っていたせいで、背面だけとんでもなく日焼け。真っ赤になってしまった。これがだんだん痛くなってきた。熱い!皮膚が張り裂けそう。
夫は少しずつ焼いていたのでまだまし。私はパンツをはいているかのようにおしりに水着の形がくっきり。悲鳴をあげながら日焼けにアロエを塗り、帰国の荷造りをして寝る。

横になるとまだ海にプカプカ浮いている感覚がした。
[PR]
by satounodaidokoro | 2007-08-12 08:35 | 旅行

8月11日(土) はれ一時雨

今日も早起き。
c0119026_19583411.jpg
毎週土曜日、ダイヤモンドヘッドの麓で開催されるKCCマーケットへ。ワイキキから車でちょっと。
静かな公園の一角、そこだけが車と人で賑わっている。
大きなマーケットと聞いていたが、思っていたよりはずっとこじんまり。
尻込みするほど人がいるわけではなく、活気があってちょうどよい。わくわくする。
野菜、果物、花の出店が多い。あとは観光客向けにハチミツやスパイス、ジャム、コーヒー。パンやお菓子、ハンバーガー、惣菜などもある。
c0119026_1959997.jpg
花がとても印象的。赤やピンク、黄色、オレンジ、毒々しいくらいの色。それを組み合わせてブーケにして持ち帰る地元の人たち。竹のように力強くピンとまっすぐ伸びる南国の花束。美しい。旅の前半であれば買って帰って部屋に飾りたかった。
c0119026_2012717.jpg
ひとまわりして目星をつけてから買い物。パッションフルーツとパイナップルのフルーツバター、ジンジャーシロップを買う。どれもハワイの産物で作られたもの。
夫はシナモンロールとチーズケーキをおばあさんの屋台で。チーズケーキはコーヒー風味。食べると"Oh my god!!"らしい!
c0119026_200417.jpg
私は気になっていたFRIEDGREEN TOMATOES のプレート5$。揚げたて肉厚のグリーントマトとズッキーニ、マウイオニオンをワサビマヨネーズにつけて食べる。グリーントマトは揚げてもしっかり、衣はサクサク中はジューシー。おいしい!でも朝から揚げ物はお腹には辛い・・・・ほとんど夫に食べてもらった。夫が買ったシナモンロールは激甘。粉っぽいのが手作りっぽい。これらが今日の朝ごはん。

時間が経つにつれ、だんだん観光客の割合が増えてくる。地元の人たちはお目当ての野菜や果物をさっさと買って、さっさと帰っていく様子。
c0119026_2011111.jpg
せっかくなのでダイヤモンドヘッドをぐるっと1周ドライブ。近づくと案外小さい岩の塊。
途中サーフスポットがあり、サーファーたちがボードをもって崖っぷちを降りていく。ジョギングを楽しむ人も多い。この辺りは豪邸が多い。

部屋の冷蔵庫にチーズケーキだけおいて、急いでチャイナタウンへ。
マキさんにチャイナタウンは朝早くに行くべきだと言われていたのに、結局早朝には来れなかった。
車を降りるときに、デジカメを落として壊してしまっう。行き場のない怒りを夫に向けてしまう私・・・・
幸い夫の一眼レフがあったのでよかったが、フィルムがほとんど残っておらず。
フィルム探しに難航・・・・やっとみつけたのは酒屋、1本6$のぼったくり価格だった。

気をとりなおして散策というところで、突然の雨。今日はついてないのか・・・・

こんなときは、なにか美味しいものを食べると機嫌も治るかもってことで、ちょっと早いお昼。
本に載っていた川沿いにあるフォー屋さん、ものすごい行列。ベトナム人も並んでいる。これは美味しいに違いない!と待つこと1時間・・・・
c0119026_203440.jpg
揚げ春巻きとフォーを注文。広いお店は3~4人のスタッフがマイペースに働いている。見ていてイライラするくらいだが誰も文句を言わない。のんきに待っている。
揚げ春巻きはレタスで巻いてチリソースをつけて、フォーには別盛りのミント、バジル、香菜、もやし、ライムを各自好きなだけのせて食べる。c0119026_2033861.jpg
味はもちろん本格的。フォーは少し甘めのスープで、八角やシナモンのようなスパイスが効いている。牛肉がモツまでゴロゴロ入っていて、思ったより強烈。私はあっさりのフォーを想像していたので、ちょっと期待外れ。夫はとても美味しかったとのこと。
チャイナタウンの市場をひとまわり。まぎれもなくアジアの市場、ここがハワイであることを忘れてしまいそう。行き交う言葉は中国語、ベトナム食材も売っている不思議なところ。
c0119026_206651.jpg
帰り道、イオラニ宮殿(中には入らず)とカメハメハ大王の銅像に寄る。
c0119026_2062964.jpg








部屋に帰る。夫、早速ビールの栓を抜いてパンツ一丁。私は"Oh my god!!" のチーズケーキ。外国のお母さんの味。
c0119026_2072258.jpg
夕方、涼しくなってから近くのスーパーへ。夕飯の食材と、お土産をできるだけ買ってしまう。
昨夜のお肉がとても美味しかったので、今晩もステーキ!クレソンをたっぷり添える。
その他買ってきたポキ、巻き寿司、豆腐。
ポキは磯の香りが強い。巻き寿司はいわゆるカリフォルニアロール?豆腐はパッケージにひかれて買ったALOHA TOFU。とてもしっかりしたお豆腐で、豆の味がする。炒めるとおいしそう。ハワイのお豆腐は、昔からの製法で作っているものが多く、とても素朴でおいしいとのこと。
c0119026_2075678.jpg
さあ、明日はもっと早起き!!
お酒もほどほどに早めに寝る。

お肉ばかり食べているせいか、ふたりとも臭いオナラが止まらない。
[PR]
by satounodaidokoro | 2007-08-11 11:06 | 旅行